【コラム】山内雄司

西野朗氏、ヒディンク氏… 監督交代!リスクを考慮しても、今こそ決断の時

[ 2013年10月17日 06:00 ]

西野朗氏
Photo By スポニチ

 酷い試合だった。

 主力を欠いたセルビアに0-2で敗れ、何かしらの手立てを打ってくることを期待したが、スターティングイレブンはまったく同じ。

 コンディションが整わないのかキレも覇気にも欠けた香川、負傷の影響もあったのか“痒いところに手が届く”ポジショニングも、“痛いところを突く”パスもあまり見られず、どこか試合に入りきれていない遠藤、失点癖の責を背負い、プレーが縮こまっているように見受けられるCBコンビ、ビッグセーブもするがクロスへの対応やDFとの連係に行き詰まりを感じさせる川島など、ベンチに置いてから状況に応じて投入するなど、新たな試みがあって然るべきだったが、ザッケローニ監督はこれまでと同様にあくまでもレギュラーにこだわった。

 良く言えば、とにかく勝利することで“選ばれし者たち”の自信を取り戻させたかったのかもしれないが、悪く言えば用兵による戦略を放棄するという暴挙に出た。相手を鑑み、もっとも戦えるメンバーをピッチに送り出さずして結果を求めるとは、少しばかり高飛車ではないか。貴重なアウェーでの連戦を、国内の親善試合感覚で終えてしまったことが残念でならない。

 今に始まったことではないが、いったい何時になればチームの活性化、底上げを図るのだろう。ハーフナーや乾、細貝など、サバイバルの意気込みで臨む選手にはこの期に及んでまともなチャンスは与えられない。健全な競争なきままに月日を重ねてきたことによる停滞を、それでも認めようとしない指揮官の一途さ、頑固さはどうしたものか。

 3バックも然り。本人は「最後の20分間は良かった」と、手応えを口にしたが、およそチームとしてどう動くのか、変更の意図を示すプレーはほとんどなかった。選手にそれを伝え切れないがために成果の上がらない現実をどう捉えているのだろうか。一途さ、頑固さは監督にとって必要な要素なのかもしれないが、柔軟性、対応力を引き換えにしてどうやってリスクをコントロールするのか、その答えはいまだ曖昧にされている。

 日本の攻撃にはまったく怖さがない。ショートパスによるビルドアップというお題目は立派だが、DFからボランチへ、そこからさらに前へという攻撃のアクセルワークが一辺倒で意外性に乏しい。サイドチェンジや縦への速いクサビ、一発当ててのミドルなど、バリエーションが生まれない。パス交換にしても精度は低い。コンディションが大きく関わってくるポイントだが、寄せにも厳しさが足りず、ミスに付け込まれてボールを奪われ、簡単に?されて失点するシーンばかりである。

 ザッケローニ監督は語った。「ホームとアウェーの差をなくせなかった。これから先頭に立って原因を探っていく」

 これから?探っていく?もはやそんな悠長なことを言っていられる状況ではない。ホームでもアウェーでも同じように戦い、同じようにやられる。一途さと頑固さに加え、危機意識の低さを指摘しなければなるまい。

 それでもこの2戦で何も収穫がなかったわけではない。唯一の収穫としては、このままで本大会に臨むべきではないと、これ以上ないほどに明らかに示されたことか。ベストメンバーで戦い、ワールドカップに出場できない国に完敗した。ザッケローニ監督が創り上げたチームの弱さ、脆さをはっきりと認識し、本大会まで約8か月、残るテストマッチ3試合を無駄にしないことだ。今こそ、最後の決断の時である。

 後任の名を挙げなくては言いっぱなしになる。現実路線では西野朗氏。選手を知り、これまでの経緯を知る。戦えるメンバーをピッチに送り出すことができる。オジェック監督の解任を受け、オーストラリア監督就任の噂もあるフース・ヒディンク氏も各国で手腕を発揮。残り期間で何ができるかという命題にも合致できると考える。

 異論はあるはず。しかし、私は現状を脱する手は、そのリスクを考慮しても今打つべきだと強く感じている。(山内雄司=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る