【コラム】山内雄司

アジア杯を振り返って

[ 2019年2月5日 20:30 ]

アジア杯決勝、カタール戦の前半、攻め込む原口(右)
Photo By 共同

 カタールを相手に後手に回った挙句に敗れて準優勝に終わったこともあり、アジアカップでの日本代表の戦いぶりに物足りなさや課題を指摘する声も多い。もちろん優勝できなかったことは残念であるし、1つ1つの試合、また全体を通して課題は少なくはない。ただ、課題を洗い出す前に収穫を挙げるとすれば、森保監督体制となって初めての公式大会でフルに7試合を戦えたことが何よりも大きい。

 チーム発足からアジアカップまで負けなしで来たとはいえ、国内での親善試合という点を考慮しないわけにはいかない。創成期の景気づけには十分な戦績ではあったが、やはりシビアな戦いの中でこそ、より生きた経験を積むことになるし、試合数が増えれば増えるほどその値も増してくる。様々なタイプの相手との真剣勝負は肉体的にも身体的、そして頭脳的にもポジティブな活性を与えるし、試合数が多ければその分だけ、経験を引き出す作業も生まれ、またメンテナンスの重要性やチームとしての一体感作りやその中での自己の役割を認識することができる。つまり、個人としてもチームとしても成長のふり幅は大きくなる。決勝まで戦えたのは、今後に向けて極めて重要なプロセスを踏んだと言える。たとえ出場が少なかった選手でも、たとえ満足のいくパフォーマンスが演じられなかった選手でも、次も招集されるように何をなすべきかを整理することもできるだろう。優勝していればさらに得たものがあったかもしれないが、準優勝で得たものも確実に大きい。

 では、課題に移るが、選手個々のものはウェブ上を含めて多くのメディアが言及しているのでここでは触れないでおく。ここでは森保監督とそのチームについて、物足りなく感じた部分を綴ってみたい。

 まず森保監督についてだが、選手起用のマネジメントといった部分では、青山や遠藤といった途中負傷者を抱えて、特にボランチのやりくりに苦慮しつつ、それでも対応力は見せていた。2連勝でグループステージ突破を決めるとガラリとメンバーを入れ替えて出場組のケアと未出場組のモチベーションアップに務めながら3連勝したのは、指揮官としても嬉しい限りであったろう。ただし、多くの人が指摘するように、交代における采配はリアクションが多く、乾や伊東といった局面を変えられるドリブルやボールさばきを持つ選手たちの投入には時間が少なく、もっと出すべき局面はあったように感じられた。

 ただ、個人的には交代の遅さよりも、ピッチ内でのポジション固定のほうが気になった。たとえば堂安は、その優れた特性を随所に発揮し、これからの代表を背負うだけの可能性を持つ選手であるということは確認できたが、特にノックアウトステージに入るとずいぶんと警戒され、リズムをつかむのに苦慮する様子が目立った。彼はほとんどをトップ下3枚の右というポジションでプレーしたが、大会前半に作れたチャンスが大会後半にはさほど作れず、むしろ相手に狙われていたところもある。利き足が左であるが故に、中への切込みを封じておいて、敢えて縦にドリブルさせて切り返しの動作でカットする。ここで時間をかけさせればフォローの酒井のクロスもさほど怖くない。上手くすればここでカットしてカウンターを食らわせてやろう。そんな相手チームの意図がそこかしこに見出せた。

 原口にしても決勝では特に、奮闘するも周囲といまひとつ噛み合わないといった状況にあった。長友を引き出すのか、自らが行くのか、戻して走るのかといった連係がスムーズでなかった。彼の場合も逆足となることで大外は回りづらく、結果としてその役目は長友となるわけだが、それは相手も読んでいるところ。攻撃のバリエーションという面ではもっとポジションを変えないと広がってこない。

 しかしながら森保監督は我慢強いというべきか頑固というべきか、彼らのポジションを変更しない。上手く機能していない状況があるならば、相手マーカーの対峙法によっては、あるいはもうワンテンポ速い球回しが必要であったり、シンプルに入れる場面であったりしたならば、切り返しの必要のない左右、つまり堂安と原口のポジションを入れ替えて状況を変えるといった策があっても良かった、いやあるべきではなかったかと思う。

 試合が始まれば監督のできることは少ないというが、ポジションの変更とその意図は伝えられる。現実的なアクションでありメッセージになるのだが、それをしない。ここで彼らを利き足サイドでリフレッシュさせてやればボールも足もシンプルに動くのに、と何度も思う局面があった。

 森保監督も方法論としては当然ながら持ち合わせているものであるが、まだチームとしてその段階ではないという考えなのだろうか。選手そのものを替える、システムを変える、ボールの出し方、人の動き方を変える、役割を変えるなど、攻撃のバリエーションを増やすアプローチは多々あり、サイドのポジション変更もそのひとつであるが、それを選択する効果は薄いと感じられたのかもしれない。

 とはいえ、もっとあらゆる策を講じて勝利を手繰り寄せる、リスクを抱えたものであっても勝ちに行く、といった、いわば勝負師の部分を指揮官がもっと出してくれたらば……。

 そこがどうにも物足りなく感じられた。(山内雄司=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る