PR:

Japan's Way(ジャパンズ・ウェイ)賛同するが 少しばかり都合が良い

(左から)日本サッカー協会の関塚隆技術委員長、男子代表監督の森保一氏、田嶋幸三会長
Photo By スポニチ

 結局のところ、よく分からなかった。

 日本サッカー協会・田嶋幸三会長は森保一日本代表監督就任会見に先駆けて行われた経緯説明において『Japan's Way』(ジャパンズ・ウェイ)を強調し、「日本のサッカーを熟知した、日本のサッカーのシステムを熟知した監督が相応しい」と語り、その考えを関塚隆技術委員長とも共有して今回の選考になったと語った。

 その席上、関塚技術委員長は会見でビデオを用いながら「日本人らしさ」を解説した。

 攻撃面については、「ボールを保持しながら勇気をもって攻撃した」「縦に入れてボックスの中に複数人が入って攻撃を仕掛けた」「パススピードの遅さを感じさせなかった」「全体で攻撃を仕掛けていった」「ベルギーに対して堂々と戦った」などと語った。

 守備面については「全体で追い込んでいく粘り強い守備」「相手に1対1の勝負をさせないチャレンジ&カバー」「チャンスにはボールを奪っていく守備」などを挙げた。

 これらを否定するものはない。確かにこうした攻撃や守備は大切であり、やるべきものであるのは明白だ。だが、これは何も日本人に限ったものではなく、あらゆる国が念頭に置いてやっている、あるいはやるべきものであろう。「勇気は必要ないよ」「単独で攻撃すれば良いよ」「相手に粘り強さ1対1で勝負させて良いよ」などという考えの国や指導者は少ないであろう。日本人らしさとして列挙された「器用さ」「俊敏性」「持久力」「組織力」、「勤勉性」「粘り強さ」も否定するものではなく、そうした特性があるのはそこそこ程度に感じてはいるが、ではそれが世界各国と比例してどのくらい抜きん出ているのか、どのデータから例えば組織力は日本人の特性と言えるのかは定かではない。

 ジャパンズ・ウェイには基本的には賛同する。列挙された特性が存分に活かされた攻撃や守備は観ていて爽快であろうし、それにより勝利できれば一番良い。一方で課題である高さやパワーといった体格差をどう埋めるのかは明確には説明がなかった。体格差をどのように埋めていくかは永らくの課題であるし、ハッキリとした答えを出す段階ではないのかもしれないが、ジャパンズ・ウェイを推進していけば何とかなるというのは少しばかり都合が良いように感じる。

 日本のサッカーを熟知し、日本人の特性を活かしていける人物として森保新監督が誕生したという経緯説明は、筋としては通っている。ただし、それならば席上でもハリルホジッチ元監督のデュエルや縦への速さを取り入れてマネージメントした、と称された西野前監督の権継のほうがより筋が通ってはいないか。五輪代表、Jリーグを指揮した実績に、今回は急場でのマネージメント力を発揮した。世代交代の時期となり、より東京五輪代表世代やユース年代の育成が急務となるが、ならば森保監督には五輪でそれを心置きなく実践してもらい、ロシアでのように代表にはコーチとして西野氏を支えてもらうほうが、その責務の重要性や利便性を考慮するとスムーズではないか。

 兼務に関しては技術委員会で多くの議論があったという。技術委員会の結論は筆者とは正反対で、兼務のほうがスムーズだというもの。西野前監督継続論も議題に上がったそうだが、なぜそれが退けられたかは明らかにならなかった。

 森保新監督の激務に対するサポートは、相当な覚悟をもって『オールジャパン』で臨むということ。オールジャパンというと何やら格好は良いが、この原稿執筆時点でその陣容は発表されていない。今月中旬には五輪代表のアジア大会があり、来月初旬には日本代表のキリンチャレンジカップ2連戦が控えているのに、である。

 田嶋会長は4年という森保監督の任期に問われ。「五輪やワールドカップ予選という節目で考えているものではなく、常に分析、評価はしている。4年という任期は期待の表れ」と語った。これは4年を全うしてもらいたいが、常に分析、評価をしており、成績いかんでは交代もあり得る、と受け取るのが妥当であろう。しかしながら、常に分析、評価していながら開幕直前のハリルホジッチ元監督の解任劇、もっといえばドタバタ劇があっただけに、信用するのは難しい。

 開幕前のこのコラムにて「結果いかんとは別に、今回の騒動がどうして起こってしまったのか、その検証と反省を責任論も含めてしっかり洗い出し、本大会での総括と今後への展望を詳らかに示してもらいたい」と書いたが、それは大部分がうっちゃらわれて、新体制へと漕ぎ出している。森保監督には懸命に任務を果たしてもらいたいし、その指導力には大いに期待しているが、自らの責任に言及せずにジャパンズ・ウェイ、オールジャパンと耳障りの良い言葉を並べる会長にはどうにも違和感を覚えてしまうのも事実である。

 森保監督の日本代表および五輪代表のチーム作りやその采配に注視する以上に、会長をはじめとする協会のバックアップ、技術委員会のバックアップにこそ注視が必要であると考える。(山内雄司=スポーツライター)

[ 2018年8月2日 19:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:08月15日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム