【コラム】山内雄司

日本代表 指揮官の交代も策のひとつか
攻撃単調で不安は増す “一撃”への探求が必要

[ 2017年11月17日 10:00 ]

好機を決められなかった日本代表FW杉本
Photo By スポニチ

 悪夢のように失点を重ねたブラジル戦の反省は確かに生かされていた。前線からプレスをかける場面と、ブロックを作って守備に当たる場面を使い分けるための意思統一を図るため、選手同士で話し合ったという。また、ブラジル戦で早々に失点し、ゲームプランが崩れたことから、まず立ち上がりから主導権を渡さぬよう、鋭い出足で果敢にプレスをかけにいく意欲が見えた。

 これがある程度は奏功した。“ある程度”と断りを入れたのは、ベルギーもまたテスト色の濃い陣容で臨んでいたことが挙げられる。エースのエデン・アザールを欠いた攻撃は迫力不足だったし、DFも新たな組み合わせを試している段階だった。10日に行われたメキシコとのテストマッチでは壮絶な撃ち合いで3−3のドロー劇を演じたが、日本を相手にそこまでの熱はなく、淡々と試合をこなしている印象だった。

 井手口、長澤が献身的に動いてボールを奪い、サイドから、特に右サイドの酒井宏、浅野を使って好機を作ろうとしていた。代表経験の浅いインサイドハーフコンビながら、デュエルから縦に早くという、ハリルホジッチの目指すスタイルを表現しようという気概は十分に伝わってきた。試合の入り方としては上々であったように思われる。

 だが、意識は感じられてもそこまでだった。奪ってからの攻撃が単調で得点の匂いはまるで感じられなかった。浅野はスピードを生かそうとするあまりにボールを自らのコントロール下に置くのことを難しくするというジレンマに陥っているように見え、大迫に入れた後に誰がどこへ走りこむかというゴールへの布石も打ち切れなかった。サイドを使うのは良いが、左右のバランスが悪く、左の原口は攻撃力をほとんど発揮できなかった。12分には山口の不用意な横パスをかっさらわれてあわや失点という場面を生み出してしまった。ここで失点していれば、またもプランを崩壊させてしまう可能性もあった。主導権を握ろうとしながら、攻め手がなくて明け渡してしまうという悪癖はメンバーが変わっても相変わらずだ。これでは本大会での上位進出は厳しいと言わざるを得ない。

 アイデアや変化を加えよ、と口で言うのは簡単だが、実現するのはなかなかに難しい。替えの効かない存在となっている大迫や多様なアクセントのつけられる乾にしても、世界で超一流と呼べるまでには至っていない。これは本田や香川、岡崎にしてもそう。であるならば、アイデアや変化を選手に求めるのではなく、やはり局面ごとに決定的なパターンを用意しなければならないのではないか。動き方をきちんと設定しなければならないのではないか。その点でハリルホジッチ監督は選手任せな感は否めない。クラブチームのように多くの練習時間が割けないのは代表チームの宿命である。そのなかでいかにサイズも強さも世界に劣る身体的ハンデを克服するか。これは長年の課題であったが、その解決策はハリルホジッチ監督も見出せていない。

 まともにぶち当たっては敵わない。ならば日本人選手の特長と言われて久しい献身性、俊敏性を生かすしかない。ボールを奪った後にどうゴールに結びつけるか。これまではチャンスの数に活路を見出そうとしてきたが、この2試合でそれが極めて非効率だということを目の当たりにさせられた。何しろあと7か月しかないのだから。

 ザッケローニ体制ではワールドカップ直前のテストマッチ6試合で5勝1分けと好成績を収め、選手もファンも不相応な自信と期待を持ってしまった。しかし、もうそれがどれだけ放漫であったかを知っている。日本代表の現状は、そのとき以上に危機的なものと強く認識すべきであろう。

 時間がない。多彩な攻撃を、という提言は意味を成さないだろう。残された道は「これだけは」というパターンの構築に死力を尽くす。数に頼るのではなく一撃に賭ける。そんな覚悟でロシアに乗り込む必要がありそうだ。本田や香川、岡崎といった経験ある選手が戻れば違ってくるという意見もある。悲観的過ぎると言われればそれまでかもしれない。かくいう筆者も、ブラジルとベルギーとの対戦に多少の期待と高揚を感じていた。攻撃のオプションを探る機会となれば、などと呑気なことを綴ってもいた。でも、終わってみてそれを恥じている。4年前に楽観が罪であるということを学び、肝に銘じていたはずなのに。ブラジルには軽くあしらわれた。ベルギーとの試合は指揮官が言うように「ライオンを倒すところまでいった」とは到底思えぬ敗戦だった。

 選手を鼓舞するための発言に違いない。ただ、もしも監督が少しでもそう思っているのだとしたら、指揮官の交代も策のひとつと考えるに至った。それによって、愚直なまでの“一撃”への探求が図られるのならば……。(山内雄司=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る