【コラム】山内雄司

層の拡大とモチベーションアップ アジア杯に向けて素晴らしい経過

キルギス戦、選手に拍手する日本代表・森保監督
Photo By スポニチ

 森保監督率いる日本代表は、発足以来5戦無敗で今年の活動を終えた。ここまでを総括するなら、非常に良い流れで来ているのは間違いない。

 選手個々に目を向けると、なかでも堂安、南野、中島は、完全に「俺たちが新しい日本代表像を創るんだ」という気概に満ちており、今後もポジションは渡さないという決意を感じさせるプレーを繰り広げている。

 高い位置で奪って素早く縦に入れ込み、少ないタッチでの連動でゴールを陥れる。これは日本代表に限らず、どこのチームも攻撃における大きな命題としている部分だが、彼らはそれを今のところスムーズにこなしている。いかにポジショニングするか、いかに周囲を活かし、あるいは自分を活きるか。それを瞬時に判断し、結果を残している。このあたりは海外で揉まれる成果が存分に出ている。頭脳と技術、身体がスムーズに連係している様子は、「日本にもこうした表現ができる選手が、しかも複数人出てきた」という確かな成長を感じさせてくれる。

 キルギス戦で後半に登場した3人は、ここでも大迫とともに充実感と自信に彩られたプレーを演じた。2点をリードしたものの、少々物足りなさに包まれた空気を一変させた、その華やかさも彼らの魅力である。何かしてくれるといった期待感を抱かせ、実際に答えを出してしまうのだから、ここまでの働きは十分に評価できるものだ。

 しかしながら、彼らとて今後は壁にぶつかることもあるはずだ。チームは生き物であり、試合には流れがある。テストマッチでできたことが、公式大会ではうまくいかないことはザラにある。だからこそ、来年早々に開幕するアジアカップでこれまでのように攻撃をリードできるかだが、逆説的に言えば、ここで苦しむことも選手として、日の丸を背負う者として貴重な経験となる。とにかく彼らが醸し出す“やったるで感”に酔いしれているひとりとして、めいっぱい暴れてもらいたい。

 さて、3人への言及が長くなったが、なかなかどうして森保ジャパンには魅力的な選手が数多い。キルギス戦でバランスを取りつつ守備でもピンチを未然に防ぎ、ゲームとボールの両面で的確なコントロールを見せた守田は、ぜひアジアカップでも見てみたいと思わせるパフォーマンスだった。このポジションは柴崎、青山、遠藤、山口、そしてこの日、スタメンでコンビを組んだ三竿、そして大島と強力なライバルがひしめいている。それでも所属する川崎Fでルーキーイヤーながらレギュラーの座を手に入れ、A代表にまで駆け上がった立身出世の物語は、いったいどんな壮大な広がりを見せるか。アジアの頂点を競う真剣勝負で物語の続きを見たいという要望を引き出してくれた。

 その他にも、大黒柱である吉田の相方は誰なのか?というCB争いにも冨安が颯爽(さっそう)と現れたし、右SBにも代表デビュー弾を飾った山中が名乗りをあげた。ワールドカップ出場メンバーが彼らをがっちりとフォローする様は、自ずと融合が進んでいる印象も受ける。

 森保監督は追加招集選手も含めて、選出メンバーをくまなく起用し、層の拡大とモチベーションアップに成功している。多くの選手が言うように、まだ事細かに戦術や戦略を指南するといった場面は少ないようだ。現在はチームの裾野を広げ、その全員で同じ方向を見つめていくんだというチーム作りの段階である。とはいえ、順列を無視してもいない。5戦を戦い、ポジション争いを激化させながら、徐々に格付けも植え付けている。気配り目配りのなかに芯を感じさせる現状は、こちらも今後が楽しみという点で十分に評価できる。

 選手同様、監督にとってもアジアカップはA代表として初の頂点を目指す戦いとなる。いかに統率力を発揮するのか、勝負師たる面を見せてくれるのか。

 ここまでは素晴らしい経過を辿り、満足いくオープニングを飾ったといってもいい。引き付けた興味や期待を、どのように繋いでいくのか。最初の試金石に挑む代表を、大いに楽しみながら、厳しく見つめていきたい。(山内雄司=スポーツライター)

[ 2018年11月21日 17:00 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月22日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム