PR:

戦い方の引き出しが増えた?

W杯アジア最終予選 ( 2016年10月11日    オーストラリア・メルボルン )

攻撃で存在感を見せた丸山
Photo By スポニチ

 日本代表が10月11日のW杯予選第4戦、アウェーでオーストラリアに1-1で引き分けた。試合を見て感じたのは「戦い方の引き出しが増えた?」ということだった。オーストラリア戦のような戦い方は、W杯アジア予選で日本があまりしたことのない戦い方だった。システムや本田の1トップということではなく、アジアで日本が引いてショートカウンターで攻めることはほとんどなかった。こういう戦い方を選択しなければならなかったところに日本の置かれた現状がある。

 最終予選のここまでの成績や、6日のイラク戦でかろうじて勝った試合内容などから、アウェーのオーストラリア、ケガ人や出場停止がいることを考慮しての選択だろう。アジアでこういう戦い方をしなければならなくなったと考えるとガッカリだが、こういう戦い方もできると考えれば、ポジティブに捉えてもいい。

 ただ、そういう中で、せっかく先制したのに1-1で終わったのはもったいなかった。結果だけ見ればアウェーで首位のオーストラリアと引き分けは「よくやった」と言っていい。しかし、内容的には日本が先制して相手が前に出てきてよりカウンターがしやすくなったのに追加点が取れなかったのは問題だった。W杯本大会出場の確率が初戦で負けた時の0%から75%になったが、次のサウジアラビア戦(11月15日、埼スタ)が重要になる。セットプレーのことを考えたのだろうが、丸山の投入など「?」と思う交代もあった。そして、もっと新しい選手が出てきて欲しい。活性化でチームを成長させるしかない。(水沼貴史=元日本代表FW)

[ 2016年10月13日 16:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月17日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム