PR:

“個”が足りない 選手層の底上げが必要

国際親善試合   ベルギー1―0日本 ( 2017年11月14日    ベルギー・ブリュージュ )

<日本・ベルギー>競り合う日本代表MF山口(左)とベルギー代表FWメルテンス
Photo By AP

 日本代表が11月14日(日本時間15日)にアウェーでベルギーと対戦して0―1で敗れた。親善試合だったが、FIFAランク5位の強豪を相手に、いい経験をすることができた。

 ハリルホジッチ監督は「結果は残念。負けに値しない試合だったが、これもフットボール」と、手応えを口にした。

 守備は組織的にできていたし、中盤で山口、井手口、長沢がハードワークしていたのは評価できるが、これだけでは点が取れない。強豪国を相手にこの形でいくなら、もっとカウンターや前線の精度をアップする必要がある。浅野が頑張っていたが、最後はそこの勝負になるのでもっと質を上げないと点はとれない。ただ、ベルギーはあまり仕掛けてこなかったが、ブラジルのようにドリブルで仕掛けてくる相手には厳しい。日本はポジションが整備されているので、中盤でパスを回してくさびを入れてくるボールには対処できる。しかし、外にドリブルされたり、狙いを持たずに攻められるとだれもチャレンジせず、弱いところがある。ファウルが怖い、時間が悪いなどの理由があるが、ブラジルなどは必ずそういう局面で仕掛けてくる。そこでチャレンジする勇気、ゴールに向かう相手にチャレンジできないと、ひとつ上には行けない。個の部分だと思うが、そこをもっと磨いてほしい。

 12月のE―1選手権決勝大会では欧州組は呼ばず、国内組のラージグループといわれるボーダーライン上の選手が呼ばれると思うが、そこでハリルホジッチ監督が何をテーマにするかが重要だ。アジアのタイトルを狙わなくてはいけないし、選手層の底上げもする必要がある。今回の長沢みたいな新戦力が出てくる可能性もある。

 ハリルホジッチ監督は既に頭の中ではメンバーを固めつつある。E―1で最後の数枠を判断するのか、本田や香川、岡崎をどうするかということもポイントになる。アジアのライバル・韓国はW杯予選では苦しんでいたが、ここに来てセネガルと引き分けるなど調子を上げている。日本はFIFAランクでは下位に位置しており、本大会までにもっと成長してほしい。(水沼貴史=元日本代表FW) 国際親善試合・ベルギー―日本

[ 2017年11月15日 20:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム