PR:

もう敗因にならない肉体的ハンデ

元スペイン代表エースで活躍したラウル(AP)
Photo By AP

 ちょうど20年前の今頃だった。覚え始めたばかりのスペイン語で、おっかなびっくりインタビューをしたことがある。相手は、次代のスターと目されていた18歳だった。

 「僕らの世代は、いままでの世代とは違う」

 少年の面影…というより、まだ少年そのものだった彼は、しかし、明らかな自信をうかがわせる口調で言ったものだ。

 とはいえ、同じようなことを口にする日本人選手がいなかったわけではない。驚きは、なかった。ただ、彼は続けてこう言った。

 「スポーツはもちろん、最近は芸術や文化的なジャンルでも、活躍するスペイン人が増えてきている。その流れは、きっとサッカーにもつながっている」

 恥ずかしながら、20年前のわたしはまったくピンとこなかった。ラリーのサインツ、自転車のインデュライン、テニスのサンチェス兄妹…確かに世界的に名の知られるスペイン人アスリートは増えてきていた。しかし、それがサッカーとどんなつながりがあるというのか。

 いまならばわかる。あの時代…W杯優勝の味を知らず、給料をユーロではなくペセタでもらい、国外のリーグでプレーする選手など皆無だった時代の彼は、他の競技での成功に、たまらなく勇気づけられていたのだろう。スペイン人にだってできる。自分にもできる。そう思い込もうとしていたのだろう。

 だが、W杯出場の味を知らず、五輪からも27年間遠ざかっている国からきた20代日本人ライターに、そこまでの想像力はなかった。鈴木大地が勝っても、伊達公子が全英でベスト4に入っても、だからサッカーも…とはまるで思わなかった人間なのだから、当然である。

 いまならば本当によくわかる。

 日本のアスリートたちが国際大会で負けるたびに口にし、それがエクスキューズではなく厳然たる事実のように受け止められていた「肉体的ハンデ」という言葉は、ラグビー日本代表によって徹底的に粉砕された。

 数ある競技の中でも肉体接触の激しさでは屈指とも言えるラグビーで、日本人が世界王者と互角にやりあった。多くの日本人が、肉体的ハンデは、越えがたい絶対的な壁ではなく、創意と努力で克服可能な試練でしかないことを知った。

 サッカーは、もう肉体的ハンデを敗因としては使えない。これからは多くの国民が、ラグビー同様の奇跡をサッカーに対しても期待するようになる。ハンデを乗り越える術(すべ)を求めるようになる。

 日本は、いまよりもずっと強くなる。なれる。

 夢物語ではない。スペインにできて、けれども日本にはできないと考える理由がない――あの時18歳だったラウル・ゴンサレス引退の報に接し、そんなことを思った。(金子達仁氏=スポーツライター)

[ 2015年10月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム