【コラム】ジローラモ

ユベントスの強さを支える“政治力”

[ 2016年4月9日 05:30 ]

5連覇目前のユベントス
Photo By AP

 確かにユベントスは強いです。でも、ナポリファンとしては納得いかないことも多々あります。今季は両チームが激しい優勝争いを繰り広げていますが、2日に首位ユベントスがエンポリにホームできっちり1―0で勝ったのに対し、2位ナポリはアウェーでウディネーゼに1―3負け。勝ち点差は3から6に広がってしまいました。

 しかもナポリはこの試合で、エースFWイグアインが警告2枚で退場。それを不服として審判に詰め寄り、さらに暴言を吐いたとして4試合の出場停止処分が言い渡されたんですね。サッリ監督も1試合のベンチ入り禁止処分です。もうナポリにとっては踏んだり蹴ったりですね。

 ただ、ユベントスも最近、DFボヌッチが判定に不満を持ち、詰め寄った主審に頭をぶつけたんですが、一切おとがめがなかったんです。これは不公平以外の何ものでもありませんね!実際、ユベントスで活躍した元イタリア代表MFタッキナルディ氏も、「ボヌッチもイグアイン同様に退場処分を受けるべきだった。ナポリファンの怒りももっともだ」と証言してるくらいですからね。

 いずれにせよ、優勝争いも佳境を迎える終盤戦で、エースFWイグアインを欠くことはナポリにとってかなりの痛手ですね。リーグ戦は残り7試合。優勝は、やはり政治力も強いユベントスですかね…。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る