【コラム】ジローラモ

規律重視する監督で伊代表復活なるか

[ 2014年9月7日 05:30 ]

オランダ戦でイタリア代表監督として、初采配を振るったアントニオ・コンテ監督
Photo By AP

 新生日本代表が本格始動しましたが、同じくW杯ブラジル大会で1次リーグ敗退だったイタリア代表も新体制がスタートしました。イタリアの指揮官は、辞任したプランデッリの後を継いだアントニオ・コンテ(45)です。ご存じの通り、昨季までユベントスを指揮し、チームをリーグ3連覇に導いた監督ですね。

 コンテは現役時代もそうでしたが、結構、敵が多い人なんです。売られた喧嘩(けんか)は相手が誰であろうと黙っていないタイプで、言うなればモウリーニョみたいな性格です。だから、クラブと違い、今までの敵チームからもメンバーを選出するイタリア代表では、選手とうまく関係が築けないのではと言われていました。

 そんな中、4、9日の欧州選手権予選に臨むメンバーを発表し、実際に合宿入りすると、その評価は一変したんです。選手からの評判はすこぶる良いようで、関係者もホッと胸をなで下ろしたようです。

 先のW杯でチームを乱したと批判されたFWバロテッリは今回招集されませんでしたね。ACミランからリバプールに移籍したばかりだったこともあったようですが、コンテは規律を重んじる監督ですから、バロテッリの今後の素行次第では、全く呼ばれなくなる可能性はあります。地の果てまで落ちたサッカー大国の復活は、果たしてあるのでしょうか。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る