【コラム】ジローラモ

インザーギ氏ミランの前に武者修行?

[ 2014年5月11日 05:30 ]

 本田が所属するACミランのシードルフ監督が、今季限りで解任される可能性が高まっています。1月に就任して、わずか半年。オーナーのベルルスコーニ氏は結果はもちろん、その振る舞いをあまり気に入らなかったようですね。例えば、サポーターとの会合で、シードルフが「今のメンバーは半分以上いらない」と思わず口走り、それが明るみに出たことなどですね。

 そもそもシードルフの招聘(しょうへい)に動いたのは、ベルルスコーニとその娘のバルバラでした。ガリアーニ副会長はユースの監督を務めているインザーギを推していたんですけどね。そこからもトップの一枚岩でない現状が明らかですが、シードルフが失敗に終わったことで、次はガリアーニの判断に任される可能性が高くなったわけです。となると当然、シードルフ解任→インザーギ就任となる可能性が高いわけです。

 ただ、インザーギもまだトップチームを指揮した経験がありません。だから、経験を積ませるために、まず違うチームの監督に就任させるというプランもあるようです。会長が大のミランファンであるサッスオーロ、もしくはパルマです。もしインザーギがパルマの監督に就任したら、現役時代はミランでプレーしたパルマのドナドーニ監督がミランの監督に就任する可能性が高いようですが。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る