【コラム】ジローラモ

W杯後に移籍か バロテッリ惜別の涙?

[ 2014年2月14日 05:30 ]

アーセナル(イングランド)への移籍が浮上したACミランのFWバロテッリ
Photo By スポニチ

 日本代表MF本田のACミランの同僚FWバロテッリが、8日のナポリ戦で途中交代し、ベンチで流した涙がいろいろな臆測を呼んでいます。ラファエラ・フィーカさんとの間に生まれ、ナポリに住む娘のことを思って泣いたとか。試合数日前にローマ法王と会って、今までの“悪行”を反省したためなどと言われています。

 しかし、ここに来て、惜別の涙だったんじゃないかという話が出てきました。昨季途中にマンチェスターCから加入した彼には、ACミランも期待してきたのですが、夜遊びなど素行の悪さが問題になったり、プレー面でも今季は23試合で9得点と昨季ほどの成績を挙げられていません。だから、クラブが抱える借金問題を解決するためにも、今夏にも放出しようという動きがあるようです。

 移籍先の候補にはアーセナルが挙がっています。ベンゲル監督が興味を持っていて、彼のことをうまく管理できると自信を持っているようです。アーセナルは来季からプーマ社と長期契約を結ぶことを発表しました。そのため、バロテッリとも契約するプーマ社が30億~40億円と言われる移籍金を肩代わりして加入を後押しするという“裏工作”まで進んでいるようです。今夏のW杯後は“悪童”の去就に注目です。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る