【コラム】ジローラモ

インテルFWの「夜のゴール」にあきれ顔

[ 2014年1月17日 05:30 ]

 本田の活躍、シードルフの新監督就任に湧くACミランですが、一方で長友の所属する同じミラノに本拠地を置くインテル・ミラノは今のところ明るい話題があまりないですね。

 話題になることと言えば、審判の誤審にかみつくマッツァーリ監督、もしくは新オーナーに就任したインドネシアの富豪エリック・トヒル氏が期待に反して全くチームに投資をしないことなど、マイナスな話題ばかり。

 さらに最近では、アルゼンチン人FWマウロ・イカルディ(20)が、以前カターニアの元アルゼンチン代表FWマキシ・ロペスとも付き合っていたアルゼンチンの人気グラビアアイドルの彼女と、28時間で15回性行為をしたことが大きく報じられました。

 イカルディは昨年11月にヘルニアの手術を受け、インテル移籍後はいまだにリーグ戦での先発出場がありません。その中でこんな話題が持ち上がり、周囲も「夜にゴールを決めるんじゃなくて早くピッチでゴールを決めろよ」とかなりあきれています。

 イカルディは若くしてイタリアに渡り、将来を嘱望されるストライカーです。メッシが負傷した招集を辞退した昨年10月にはA代表にも初招集されました。今季初めて加入したインテルでも9番を背負っているのですが、活躍するにはまだまだ時間がかかりそうですね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る