【コラム】ジローラモ

負けたのに2連休?斬新ベニテス新監督

[ 2013年12月6日 05:30 ]

11日に1次リーグ突破が懸かった欧州CLアーセナル戦をむかえるナポリのベニテス監督
Photo By AP

 今回は久しぶりにナポリの話題をお届けします。過去にリバプールなどを指揮した経験を持つスペイン人のベニテスを新監督に迎えた今季は開幕から好調をキープ。ファンの期待も日に日に増していました。ただ、最近はその勢いも陰りが見え始め、11月10日のユベントス戦を皮切りに、同23日のパルマ戦、同26日の欧州CLドルトムント戦とまさかの3連敗。ベニテスへの風当たりも強くなり始めていました。

 そんな中で今月2日に敵地で迎えたラツィオ戦。負ければさらに厳しい状況に追い込まれる可能性があったんですが、見事に4―2で勝利。逆境をはね返しました。

 実はそのラツィオ戦に向けて手腕が発揮されていたんです。ドルトムントに負けた後、普通なら「練習が足りん」と合宿などでチームの強化を図る監督が多い中、ベニテスは思い切ってチームに2日間のオフを与えたんです。結果が出ない中でも、選手と監督との関係は全く崩れることはなかったようで、その自信があったからこそベニテスも思い切った行動に出られたようです。

 ただ、11日には1次リーグ突破が懸かった欧州CLのアーセナル戦を控えており、その結果いかんでまた周囲の評価も激変しそうです。まあ結果がすべての世界では、それも当然と言えば当然なんですが。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る