【コラム】ジローラモ

実に寂しい スキラッチいとこの転落

[ 2013年10月19日 06:00 ]

 94~97年に磐田でもプレーした元イタリア代表FWサルバトーレ・スキラッチを覚えていますか?90年W杯イタリア大会で得点王に輝く活躍で一躍、時の人となり、シンデレラボーイともてはやされたあのスキラッチです。実は今、イタリアで彼のことが話題になってるんです。

 厳密に言えば、話題になっているのは同じ姓を持つ、いとこのマウリツィオ。その彼も昔は有名なサッカー選手で、実はサルバトーレよりも将来を嘱望されていたんです。ポジションは同じFWで、17歳でパレルモでプロデビュー。その後は、かつてローマなどを率いたゼーマン監督に見いだされ、順調にキャリアを重ね、ラツィオに移籍したんです。その当時はセリエAでも指折りの高給取りだったようです。

 でも、そのラツィオでケガをしてしまい、その後は鳴かず飛ばずで結局、引退。問題はそのあとです。サッカーで成功できずに路頭に迷い、クスリなんかにも手を出してしまったようで、最近は金もなければ住む家もなく、駅で寝泊まりしていたんですね。それをある新聞記者が発見して話題になったんです。イタリアでもサッカーで成功するのは、ほんの一握り。挫折すると、そのあとに困る選手は多いんです。報道でそれを知ったサルバトーレは彼を援助すると言っているようですが、実に寂しいニュースです。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る