【コラム】ジローラモ

伊代表 トッティ待望論で問題児けん制?

[ 2013年10月11日 06:00 ]

 イタリア代表が18大会連続でのW杯出場を決めましたが、W杯本大会の最終登録メンバーをめぐって、いろいろな議論が出始めましたね。

 噂では、プランデッリ監督はベテラン選手を数人メンバー入りさせるのでは、と言われています。その中で具体的に名前が挙がっているのが、ローマのFWトッティ、ウディネーゼのFWディナターレ、ベローナのFWトニです。いずれも元代表の大ベテランですが、今季は3選手とも好調です。特にトッティは開幕7連勝を飾ったローマをけん引し、最近契約を延長しました。メンバー入りの最有力とされていますね。

 イタリアではマスコミなどの世論に圧されて代表入りということも過去にありました。例えば98年W杯フランス大会。ボローニャで大活躍したロベルト・バッジオを、周りが代表入りの大キャンペーンを張り、当時のマルディーニ監督がそれに圧される形でメンバーに加えました。トッティももしかしたらこのまま好調をキープすればメンバー入りする可能性もありそうですね。

 ただ、こういった動きも、プランデッリ監督がバロテッリをけん制する意味合いが強いと言われています。要するに、素行に問題のあるバロテッリに、このままでは代表落ちすることもあるよとプレッシャーをかけるためですね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る