【コラム】ジローラモ

イタリア変えつつあるナポリの新監督

[ 2013年10月5日 06:00 ]

リーグ戦好調のナポリ・ベニテス新監督
Photo By AP

 リーグ戦で好調をキープしているナポリですが、1日の欧州CLでは残念ながらアウェーでアーセナルに0―2で敗れました。でも地元で待ち受けたサポーターはそんなチームを、まるで試合に勝ったかのような雰囲気で迎えたんですね。イタリアでは、それまで好調でも、そのあと1試合でも不甲斐ないゲームをすれば、手のひらを返したようにブーイングを受けるのが普通ですから、今回はかなりの驚きでした。

 これは今季就任したベニテス新監督の存在が大きいようです。ピッチ内でも練習方法などいろんな改革をもたらしたベニテスですが、その他にも大事な試合前に練習を休みにしたり、試合前日の公式会見をなくしたりと、チームに対して余計なストレスがかからないようにいろんな工夫を凝らしているんです。サポーターもこれを好意的に感じ、チームを取り巻く環境が昨季までとガラッと変わったんようです。

 イタリアはスタジアムにはびこる暴力などでお客さん離れが叫ばれて久しいです。これが各クラブの財政状況にも影響し、ドイツやイングランドに大きく水を開けられる結果になっています。スペイン人のベニテスは、それを改革しようと試みたんですね。9月25日のサッスオーロ戦は、スタジアムが久々に超満員に。イタリアサッカーもこれをきっかけに変わっていくといいですね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る