【コラム】ジローラモ

ミランが推す“ザックの対抗馬”アッレグリ

[ 2013年9月6日 06:00 ]

母国の次期イタリア代表監督最有力と報じられた日本代表ザッケローニ監督
Photo By スポニチ

 日本代表のザッケローニ監督が、イタリア代表の次期監督候補に挙がっていますね。報道によると、候補はザックを含め、ユベントスのコンテ監督、ACミランのアッレグリ監督、ゼニトのスパレッティ監督、昨季までマンチェスターCの監督だったマンチーニ氏の5人で、中でもアッレグリとザックは最有力候補らしいですよ。

 どうやら、サッカー強化のユース年代のアドバイザーを務める元イタリア代表監督のサッキ氏がザックを強く推しているようです。イタリア代表監督といえども、年俸はせいぜい1億5000万円程度。日本代表で年俸約2億円と言われるザックが、協会にとっては、それ以上稼いでる他の4人より釣り合いが良いとの話もありますが。

 アッレグリはミランが推薦しているという噂です。ミランとは今季限りの単年契約で、もし結果が出なかった場合はクビになる可能性もあります。その場合に備え、ミランはせめてもの功労として、代表監督の座を用意しているというのです。表向きはクビではなくオファーが来たという形にしてですね。

 ともあれ、なんでW杯までまだ時間がある中でこういった話が浮上したかというと、それはプランデッリが、来季に向けてどこかのビッグクラブと水面下で交渉しているからでは、と言われています。果たして結末は?(サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る