【コラム】ジローラモ

“ベテラン排除案”でストライキ危機!?

[ 2013年8月31日 06:00 ]

 13~14年シーズンもいよいよ開幕しました。ユベントス、ナポリをはじめ新戦力が加わるなど楽しみが多い今季ですが、実は開幕直後にして選手側がストライキを起こす危険性があるんですよ。

 先日のコラムで、イタリアでは外国籍選手が多いことで、若手の活躍の場が失われているという話をしました。サッカー協会はその状況を打破するために、5部に相当するリーガプロと言われるリーグに関して、所属選手の年齢を25歳以下に制限するという案を出したんです。それにリーガプロの選手協会が猛反発。ストライキも辞さない構えを見せていて、セリエAを含むプロリーグの選手協会もそれに同調する可能性があるんですね。

 そもそもリーガプロは、プロリーグを目指す30歳近いベテランはもちろん、以前セリエAでも活躍したベテラン選手も所属し、彼らがそれまでに積み上げた経験などをチームに還元し若手に好影響を与えています。ですから、選手会側は彼らベテランを排除することでマイナス影響があると主張しているんですね。

 サッカー協会はこれまでも後先考えずにいろんな発案を行ってきましたが、それが実現した試しはありません。今回も結局、何も変わらずに終わりそうです。とりあえずストライキだけは避けてほしいですね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る