【コラム】ジローラモ

セリエB選手“自業自得” 娼婦から窃盗…給料大幅カット

[ 2013年4月26日 06:00 ]

 2部リーグのセリエBでプレーするある無名選手が最近、とんでもない事件を起こしたので、今回はそれをお伝えします。

 その選手は、あるチームからのレンタルで、移籍先では今もホテル暮らしを続けているらしいんです。そしてある夜、衝動に駆られ、ホテルから出て自転車に乗って街に出たようなんですね。向かった先は娼婦(しょうふ)のところです。でも、なぜかお金を持っていなかったようなんです。そこで最初は自分の持っていた携帯電話を差し出して交渉したところ、交渉成立したらしいんですが、そのあと女性がちょっと目を離した隙に、その女性のかばんを奪って逃げたらしいんです。

 もちろん、女性はすぐに気づき、その選手を追いました。道路に出て知らない人に助けを求め、その人の車に乗って後を追ったようです。最終的にはしっかりと捕まえ選手をぶん殴ったようですからね。もちろんそのあとは警察に突き出し、当然のことながら選手は逮捕されました。

 ただ前代未聞の事件に、選手が所属するクラブは怒りを通り越してあきれているらしいですよ。もともと若い選手であまり給料が高くないらしいですが、この事件の発覚によりさらに給料が大幅にカットされるようで、泣き面に蜂とはまさにこのことです。こんな恥ずかしいことがあるんですね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る