【コラム】ジローラモ

故障者続出インテル…今季も無冠確定 監督と医療チームが責任の押し付け合い

[ 2013年4月19日 06:00 ]

今季も無冠が確定したインテル・ミラノのストラマッチョーニ監督
Photo By AP

 それにしてもインテル・ミラノはケガ人が多いですね。左膝のじん帯損傷で今季絶望のFWミリトをはじめ、今シーズンはケガ人が続出しています。残念なことに、長友までも左膝のケガを再発させてしまいましたからね。

 止まらない負の連鎖に、ストラマッチョーニ監督と医療チームの関係は修復不可能なほど最悪らしいです。監督は、しかるべき治療を施していないと、ケガ人続出の原因が医療チームにあると思っているようです。記者会見でも、あからさまに彼らを批判していますからね。

 一方、責任を押し付けられた医療チームも黙っていないですね。原因は監督の練習内容にあると反撃しているんです。チームは昨年末から1月にかけての中断期間に、約10日間のオフを取りました。アルゼンチン人選手が監督にリクエストして受け入れられたものらしいんですが、そのオフ明けに監督がいきなり重いトレーニングを行ったようです。それが筋肉に負担をかけ、故障続出の原因となったと主張しているんです。

 確かにケガ人が続出し始めたのは、オフが明けてリーグ戦が再開された2月ごろからでした。いずれにせよ、今季も無冠が確定したストラマッチョーニ監督が、先にチームを去る可能性の方が高いようですが…。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る