【コラム】ジローラモ

イタリアならでは!? ミラン・ガリアーニ副会長 場外戦

[ 2013年4月12日 06:00 ]

<4月7日 フィオレンティーナ2―2ACミラン>フィオレンティーナファン(手前)と口論となるミラン・ガリアーニ副会長
Photo By スポニチ

 スタジアムにはびこる暴力などの影響で観客離れが著しいセリエAですが、最近でもイタリアならではの事件が起こりました。7日のフィオレンティーナとACミランの試合のことです。

 もともと他チームのサポーターから嫌われているミランのガリアーニ副会長。敵地の試合でやじられることはごくごく普通のことなんですが、その日は度が過ぎた嫌がらせにキレちゃったんですね。一度見たら忘れられない強烈な風貌。スキンヘッドでアダムス・ファミリーのフェスターに似ていることから、その試合でも多くのフィオレンティーナファンがフェスターの写真を掲げてお出迎えしたんです。

 でも、ガリアーニ氏自身はそう言われるのが嫌みたいで、それを見た瞬間に機嫌を損ない、周辺のサポーターと口論になったんです。そこからはガリアーニ氏にとってまさに修羅場。

 周りからコインが次々に投げつけられたんです。イタリアで小銭を投げられることは「金の亡者」といったかなり悪い意味を持ちます。資金力にものを言わせ、選手を獲得する行為を皮肉ったんでしょうけど、ガリアーニ氏は警察にコインを投げた人物を特定するよう依頼し、サッカー観戦に来られないように仕返しを考えているようですね。でも、こんなことがもし日本であったら大変な騒ぎになりますよね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る