×

オーストリア代表シュミット「ブレーメンの仲間からは笑われた」 低い下馬評覆す有言実行1位突破に歓喜

[ 2024年6月26日 06:10 ]

欧州選手権1次リーグD組   オーストリア3―2オランダ ( 2024年6月25日    ベルリン )

<欧州選手権 オランダ・オーストリア>後半、勝ち越しゴールを決め喜ぶオーストリア代表シュミット(左)(ロイター)

 サッカーの24年欧州選手権(EURO)ドイツ大会1次リーグ第3戦、D組3位のオーストリアが同組1位オランダを3―2で撃破。同組他会場でフランスがポーランドと引き分けたため、勝ち点6で同組1位に浮上し1次リーグ突破が確定。欧州選手権での首位通過は同国史上初の快挙。国際Aマッチのオランダ戦勝利は90年5月(○3―2)以来34年ぶりの出来事となった。

 A代表初ゴールとなるチーム2点目を決めたシュミット(ブレーメン)は試合後「信じられない試合だった。先発メンバーのフレッシュな運動量で、信じられないほどの激しさを生み出したと思う。このパフォーマンスをとても誇りに思う」と喜びを爆発。

 大会前の低かった下馬評を覆す首位通過を決めたことに対し「ブレーメンのチームメイトは、グループ首位になれると私が言うといつも笑っていました。それが実現した今、本当に信じられない気持ちです。監督は、これからが本当の競争の始まりだと言いました。決勝トーナメントの舞台で戦うことを子供の頃から夢見ていました。私たちはまだまだ勝ち続けますよ」とコメント。

 続けて「今夜、我々は多くのことを示しました。このチームの素晴らしさを忘れてはいけません。1度、2度追いつかれながらもさらにもう1点決めて勝利を収めました。今日ピッチに立った全員が大いに称賛されるべきです」とチーム一丸の勝利を誇った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月26日のニュース