×

INAC神戸からはFW田中美南ら最多4人が選出 なでしこパリ五輪メンバー発表

[ 2024年6月14日 16:26 ]

田中美南
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は14日、パリ五輪に臨む女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバー18人とバックアップメンバー4人を発表した。

 INAC神戸からはGK山下杏也加(28)、MF北川ひかる(27)、FW田中美南(30)の今季WEリーグベストイレブンに輝いた3人が18人のメンバー入り。バックアップメンバーにもDF守屋都弥(27)が入り、最多の4人が選出された。

 今月30日限りで退団し、海外へ挑戦する山下はクラブを通じ「世界大会に出場できる権利をいただき感謝しております。個人的な五輪の印象は12カ国中の1位を決める大会なので、あまり試合が動かない印象があります。1失点や1得点にどれだけ向き合えるかが重要なので、勝つために最善の判断・準備をしていきたいです。今のなでしこジャパンに必要だと思うのはメダルだけなので、全力で掴みにいきたいと思います。男女とも応援よろしくお願いいたします」と力強く抱負。山下と同じく2大会連続の五輪となる田中は「パリオリンピックメンバーに選出していただきました。東京オリンピックから3年が経ち、自分自身どう成長できたのか、このチームと共に挑戦できることを嬉しく思います。怪我でこの場に立てなかった選手の想いも背負って戦ってきます。応援よろしくお願いします」と、負傷で長期離脱しているMF猶本光(三菱重工浦和)、FW遠藤純(エンジェルシティ)らを思いやった。

 MF北川「パリオリンピックのメンバーに選ばれました。ずっと目標にしてきた大会でプレーできることを嬉しく思います。自分らしく楽しんで、チームに貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします!」

 DF守屋「バックアップメンバーとしてですが、自分のやれることを責任を持って精一杯やり遂げてきます。応援よろしくお願いします」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月14日のニュース