×

リバプール南野がCL決勝でベンチ入り 12年Bミュンヘンの宇佐美以来日本人初の決勝出場と優勝目指す

[ 2022年5月29日 03:30 ]

南野拓実
Photo By スポニチ

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は28日(日本時間29日午前4時)にパリ郊外のサンドニで決勝が行われ、前身の欧州チャンピオンズ杯を含めて最多優勝13回を誇るレアル・マドリード(スペイン)が優勝6回のリバプール(イングランド)と対戦する。

 先発メンバーが発表され、リバプールの日本代表FW南野拓実(27)はベンチ入りを果たした。日本人選手としては11~12年シーズンにチェルシーと対戦したバイエルン・ミュンヘンの宇佐美貴史以来となるCL決勝でのベンチ入り。この時はBミュンヘンが延長1―1の末にPK戦3―4で敗れ、南野は日本人初のCL決勝出場と優勝を目指す。

 リバプールはコンディションが懸念されていたティアゴ、ファビーニョが戦列に復帰した。先発はGKアリソン、DFアレクサンダーアーノルド、ファンダイク、コナテ、ロバートソン、MFファビーニョ、ヘンダーソン、ティアゴ、FWサラー、マネ、ディアスとなった。

 レアルはGKクルトワ、DFカルバハル、ミリトン、アラバ、メンディ、MFカゼミロ、クロース、モドリッチ、バルベルデ、FWベンゼマ、ビニシウスが先発する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月28日のニュース