×

三浦知良 エムボマと10数年ぶりの再会 日本語とイタリア語で会話

[ 2022年5月26日 20:10 ]

<パリSG日本ツアー2022発表会見>オンラインで出演した三浦はエムボバ(左)、パリSG・ヴァゼルアシア太平洋地域代表と笑顔で話す(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 フランス1部の名門パリ・サンジェルマンは26日、都内で会見を行い、7月に日本ツアーを行うと発表した。

 会見にはかつてG大阪などでプレーしたクラブOBの元カメルーン代表FWパトリック・エムボマ氏(51)が登壇したほか、大会アンバサダーに就任したJFL鈴鹿ポイントゲッターズの元日本代表FW三浦知良(55)がオンラインで出席。2人のトークセッションではカズが「パトリック、ちょっと太った?」と笑顔で問いかけると、エムボマが「ちょっとね」と日本語で返し、会場の笑いを誘うシーンもあった。

 エムボマと再会するのは十数年ぶりだったというカズ。イタリア語で「パトリック、元気?ようこそ日本へ!」と呼びかけ、セリエAのカリアリでプレー経験のあるエムボマも「元気だよ。ありがとう」とイタリア語で直接対話するなど、旧交を温めた。

 パリSGは7月20日の国立競技場での川崎F戦を皮切りに、23日に埼玉スタジアムで浦和と、25日にパナソニックスタジアム吹田でG大阪と対戦。練習も東京と大阪で1度ずつ公開される予定だ。ブロックチェーン技術を用いた「NFTチケット」も販売され、豪華特典付きでその額は何と2枚セットで1000万円となっている。

 パリSG関係者は注目のメンバーについて会見で「チーム全員で来る」と断言。レアル・マドリードのオファーを断って残留したエムバペ、ネイマール、メッシらスター軍団がそろって日本のピッチに立つことになる。W杯を4カ月後に控えた7月に、日本で一足早くワールドクラスのプレーが楽しめそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月26日のニュース