×

森保ジャパン、遠藤が“代役”主将 中国戦は麻也が負傷で不在、「覚悟を持って臨んでいきたい」

[ 2022年1月27日 05:30 ]

サッカーW杯アジア最終予選   日本―中国 ( 2022年1月27日    埼玉 )

ボール回しをする(右から)植田、遠藤、久保、守田、長友(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 「デュエル王」として中盤を支えるMF遠藤が、負傷欠場の吉田に代わる「主将」に指名された。中国は監督も代わり、戦い方も不透明な部分が多いが「まずは自分たちが主導権を握ることにフォーカスしてやりたい。2勝しなくてはいけない。覚悟を持って臨んでいきたい」。昨年10月から定着する4―3―3システムにも戦況に応じて柔軟に対応する。

 主将就任については前日、全員がそろったミーティングで指名された。森保監督は「ポジション的にも、攻守のつなぎ役でチームの真ん中でプレーしてくれているということで決めました。代表を継承していくという意味でも経験のある選手、若手と両方の層とコミュニケーションが取れる」と説明。吉田、冨安と主力不在の難局も遠藤を中心に乗り切る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月27日のニュース