×

アフリカ選手権が開幕。カボベルデは新型コロナ感染などで11選手が欠場も白星発進

[ 2022年1月10日 16:09 ]

アフリカ選手権1次リーグA組   カボベルデ1―0エチオピア ( 2022年1月9日    カメルーン・ヤウンデ )

カボベルデのタバレス(右)はゴールを決め、チームメートに祝福される(AP)
Photo By AP

 カボベルデがエチオピアに1―0で競り勝って白星スタートを切った。新型コロナウイルスの影響でブビスタ監督のほか9選手が隔離措置を受け、2選手が負傷と11選手を欠く状況。ベンチの控えメンバーがエチオピアの12人に対して6人にとどまる苦しい状況で開幕を迎えた。しかし、開始12人で相手に退場者が出て前半アディショナルタイムにFWのJ・タバレスが先制のヘディング弾。1点のリードを守り切った。

 初出場で8強に入った13年大会以来の勝利で開催国カメルーンと並ぶ勝ち点3。指揮を執ったベッテンコート・アシスタントコーチは「この勝利を予選に参加しながら本大会に出場できなかった全ての選手とスタッフにささげたい。決勝トーナメントに向けて勝ち点3は大きい」と息をついた。

 今大会は24チームが6組に分かれて1次リーグを戦い、16チームが決勝トーナメントに進出。決勝は2月6日に行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月10日のニュース