×

川崎Fの山村和也 守備陣の負傷続出を救う「彼らの分、貢献できるように」

[ 2021年12月10日 18:39 ]

川崎F・山村
Photo By 共同

 川崎Fの元日本代表MF山村和也(32)が10日、センターバックで先発する可能性が高い12日の大分との天皇杯準決勝へ強い意気込みを語った。同ポジションは左膝の負傷により既に母国ブラジルに帰国したジェジエウ(27)に加え、元日本代表DF車屋紳太郎(29)が4日の今季リーグ最終戦の横浜戦で負傷して離脱中。それだけにFWやボランチなど複数ポジションをこなすベテランは「ケガをした2人に関してはとても残念。彼らの分、(チームに)貢献できるように頑張りたい」と語り、既に連覇を決めたリーグ戦との2年連続連覇へ「2冠のチャンス。まずは大分に勝って決勝に進みたい」と力を込めた。

 またこの日は、後半戦からアンカー役としてチームの主力に成長した大卒ルーキーのMF橘田健人(23)もオンラインで取材対応。大分はJ2降格が決まったいるが「やっぱりボールを持つ、ボールを動かして握るプレーが上手い。崩しも上手いチームという印象がある。我慢する時間も増えると思う」と警戒感を示した上で、「まずは自分たちの良さである前から行くところ、そこをチームでやっていきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月10日のニュース