森保監督 大迫招集は不透明「出場状況確認しながら考えたい」伊東は「大丈夫だろうという報告受けている」

[ 2021年10月27日 13:09 ]

日本代表の森保監督
Photo By スポニチ

 日本代表の森保一監督(53)が27日にオンライン取材に応じ、日本代表の主力で、怪我の状態が心配されるFW大迫勇也(31=神戸)とMF伊東純也(28=ゲンク)について言及した。

 いまだ試合復帰していない大迫については「リハビリは順調に進んできていると聞いている。しかしながらまだプレーはできていないので、試合の出場状況やコンディションがどれほど回復しているかを確認しながら招集に向けて考えていきたい」と不透明であるとした。

 また、24日のヘンク戦で膝に違和感を訴えて後半22分に退いた伊東については「膝に違和感があると聞いていますけど、“恐らく大丈夫だろう”と報告を受けている」と大事には至っていない様子であることを明かした。今後の確認は必要となるが、「すぐに精密検査をしなければいけない状況ではないことで、軽傷であることを願いたい」と話した。

 伊東自身も試合後に「むちゃくちゃ痛いわけではなく、ちょっと違和感がある感じ。次は多分、大丈夫」と語っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月27日のニュース