【23日J1見どころ】残留争い…見逃せない「6ポイントマッチ」大分VS徳島

[ 2021年10月23日 11:00 ]

ガッツポーズする大分FW渡辺
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは23日、第33節第2日の4試合が行われる。今季6試合を残し、J2降格圏の17位以下に低迷する4チームが登場。「6ポイントマッチ」と呼ばれる直接対決もあるだけに見逃せない。

 勝ち点27で18位の大分は、同29で16位の徳島と戦う。大分はJ1残留圏に浮上するためにも負けられない一戦だ。前節の仙台では、FW渡辺新太が2得点を挙げる活躍。残留争いのライバルを2―0で下し、今季初の連勝をマークした勢いをキープしたい。徳島はFW垣田裕暉が2試合連続2得点中とここにきて好調。18年名古屋FWジョー以来8人目となる3試合連続複数ゴールがかかる。

 勝ち点28で17位の湘南と、同25で19位の横浜FCによる神奈川対決も必見だ。湘南は山口智監督が就任して以降、リーグ戦2分け3敗とまだ勝利がない。夏の補強に成功し、前節チームJ1最多の5得点を挙げた横浜FCの攻撃陣を90分を通して封じることができれば、降格圏脱出も見えてくる。

 勝ち点23最下位の仙台は、ホームで広島と対戦する。同カードの今季公式戦は2勝1分けと悪くないだけに、好相性を生かしてなんとか浮上のきっかけをつかみたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月23日のニュース