大宮・馬渡が値千金のFK決勝弾 残留へ向け価値ある今季初ゴール

[ 2021年9月25日 17:55 ]

明治安田生命J2第31節第1日   大宮1ー0相模原 ( 2021年9月25日    NACK5スタジアム大宮 )

 大宮がDF馬渡和彰(30)がFKを直接決めて1-0で勝ち、残留圏内の18位に浮上した。後半32分にゴール正面でFKを得ると馬渡がカベの間を抜いてゴール左へ直接決めた。

 「自信があったので、蹴らせて欲しいと言った。狙い通りのゴール。GKがカベを作っていない方を射抜くイメージで蹴った」と、今季初ゴールを笑顔で振り返る。霜田正浩監督(54)も「FKは気持ちが乗り移った。追いつかれるのと1-0では大きな差。逃げ切れてよかった」と、残留を争う相模原からの勝利にホッとした様子だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月25日のニュース