FIFA W杯開催間隔について調査実施、ファンの過半数が「短縮」希望

[ 2021年9月18日 05:30 ]

 FIFAは16日、検討中のW杯隔年開催に関連したファンの意識調査で、過半数が現行の4年よりも短い間隔での開催を支持していることが分かったと発表した。

 日本を含めた23カ国の2万3225人を対象に調査。1万5008人が回答し、55%が開催間隔の短縮を希望したという。内訳はFIFAが検討している2年間隔が30%、3年間隔が14%、1年間隔が11%。ただし、4つの選択肢で最も支持を集めたのは4年間隔で45%だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月18日のニュース