WEリーグ大宮 前半だけで4失点完敗、鮫島「面白いと思ってもらえる戦いを」

[ 2021年9月13日 05:30 ]

WEリーグ第1節   大宮0ー5INAC神戸 ( 2021年9月12日    ノエスタ )

<INAC神戸・大宮>後半、競り合うINAC神戸・高瀬(左)と大宮・鮫島(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 大宮は前半4分に先制されると前半だけで4失点。後半シュート5本で反撃したが完敗した。岡本監督は「ボールを動かされて前でプレッシャーがかけられなかった。攻守にアクションしていこうと選手には声を掛けたが」と悔しがった。

 日本代表を11年に世界一に導いた佐々木則夫氏が総監督を務め、当時のメンバーだった鮫島や阪口ら実力者がそろう。鮫島は「WEリーグは面白いと思ってもらえるような戦いをしたい」と意欲を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月13日のニュース