長友佑都 FC東京に11年ぶり復帰へ

[ 2021年9月10日 23:38 ]

長友佑都
Photo By スポニチ

 日本代表DF長友佑都(34)がFC東京に復帰することが10日、決定的となった。複数の関係者が明かした。

 長友は7月にフランス1部マルセイユからの退団が発表され、現在は無所属。欧州を軸に移籍先を探していたが、08年から10年まで所属した古巣のユニホームに11年ぶりに袖を通す見通しとなった。

 ◇長友 佑都(ながとも・ゆうと)1986年(昭61)9月12日生まれ、愛媛県西条市出身の34歳。東福岡高から明大に進み、在学中の08年にFC東京と契約。その後にイタリア・セリエAのチェゼーナ、インテル・ミラノ、トルコ1部ガラタサライ、フランス1部マルセイユでプレー。日本代表は08年にデビューし、国際Aマッチ通算127試合出場4得点。1メートル70、68キロ。利き足は右。家族は妻でタレントの平愛梨と3男。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月10日のニュース