メッシがバルセロナ退団、5年契約で合意もリーグ規定クリアできず

[ 2021年8月7日 05:30 ]

バルセロナ退団が発表されたメッシ(AP)
Photo By AP

 バルセロナは5日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)の退団を発表した。6月末の契約満了後にメッシが1億3800万ユーロ(約179億円)とされる年俸の半減を受け入れて5年契約を結ぶ方針だったが、チームの年俸総額を制限するサラリーキャップをクリアできなかった。

 メッシ獲得に移籍金は不要な状況で、移籍先の有力候補となるパリSGは既に接触して資金面での準備に入ったと報じられ、ポチェッティーノ監督も関心を認めた。一方でマンチェスターCを率いるかつての恩師グアルディオラ監督はトットナムのFWケーンへの関心を認めながら、メッシに関して「我々の考えにない」と否定的な見解。また、今回の退団発表は、バルセロナがスペインリーグにルール緩和を迫るための脅しという見方も報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年8月7日のニュース