×

G大阪 今季2度目の2連勝で13位浮上!MF矢島J1通算100試合目メモリアル弾

[ 2021年7月30日 20:01 ]

明治安田生命J1リーグ第4節   G大阪2―0札幌 ( 2021年7月30日    札幌厚別公園競技場 )

<札幌・G大阪>前半、先制ゴールを決め喜び合うG大阪・矢島(右)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ


 G大阪は敵地で札幌に2―0で勝利し、今季2度目の2連勝。13位に浮上した。

 前節・大分戦からスタメン5人を変更。試合開始早々は押し込まれる展開だった。だがGK東口順昭(35)の好セーブや日本代表DF昌子源(28)の体を張った守備で凌ぐと、前半29分にMFウェリントン・シウバ(28)が左サイドでDF2人の間を突破しクロス。J1通算100試合目出場のMF矢島慎也(27)がフリーでゴール前に走り込み、右足で今季初得点となる先制点を叩き込んだ。

 さらに後半8分には負傷交代したDF高尾瑠(24)の代わりに入ったDF黒川圭介(24)のクロスをFWレアンドロ・ペレイラ(30)がヘッド。1度はGKに弾かれたが、跳ね返りを自らねじ込んで追加点を挙げた。
 守備陣は4試合ぶりのクリーンシート。攻守の歯車が噛み合った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年7月30日のニュース