Jリーグ 新助っ人の入国に見通し 村井チェアマン「知見を生かしながら今回も対応していく」

[ 2021年7月20日 05:30 ]

 Jリーグの村井チェアマンが19日の新型コロナ対策連絡会議後の会見で、今夏に加入予定の新規外国人選手や同スタッフの入国に見通しが立ったことを明らかにした。クラブからの申請の一部は既に許可を得ており、査証が発給され次第、入国手続きを進める。

 今春と同様、Jリーグが一括管理する施設での「バブル方式」を適用する考えで「従前の学び、知見を生かしながら今回も対応していく」と話した。16日に始まった夏の移籍期間は来月13日まで。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月20日のニュース