ヘタフェ久保 点絡めず古巣に惜敗、後半39分投入でチャンスつくるも

[ 2021年5月4日 05:30 ]

スペイン1部   ヘタフェ0ー1ビリャレアル ( 2021年5月2日 )

<ヘタフェ・ビリャレアル>競り合うヘタフェ・久保(中央)
Photo By 共同

 ヘタフェのU―24日本代表MF久保は2日、今年1月まで在籍した古巣のビリャレアル戦に1点を追う後半39分から投入された。

 直後には右サイドからゴール前へのパスでチャンスをつくった。終了間際にも浮き球のパスで攻め立てたが、得点には絡めなかった。試合も0―1で敗れ、ホセ・ボルダラス監督は「最後数メートルの精度が欠けていた。ゴールの欠如が我々を圧迫している」と話した。降格圏も近づき、厳しい戦いが続いている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年5月4日のニュース