浦和MF阿部勇樹がまた新記録!39歳7カ月19日での出場はレッズ史上最年長

[ 2021年4月25日 20:35 ]

明治安田生命J1第11節   浦和3―2大分 ( 2021年4月25日    埼玉 )

浦和MF阿部勇樹
Photo By スポニチ

 浦和の元日本代表MF阿部勇樹が25日、大分戦の後半アディショナルタイムから途中出場し、3―2の逆転勝利に貢献した。39歳7カ月19日でのリーグ戦出場は、平川忠亮(現浦和コーチ)の39歳7カ月を抜き、レッズ史上最年長出場記録となった。

 今季の阿部は4年ぶりに主将を務め、開幕のFC東京戦にも先発。通算23季目のJ1出場は歴代最多、後半29分には浦和の今季1号ゴールを決め、開幕戦での日本人最年長ゴールを更新するなど記録ずくめ。9月には40歳を迎える頼れる男はまだまだ浦和をけん引していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月25日のニュース