大分が6連敗、終了間際に痛恨のPK失敗も 片野坂監督「自分を含めて力が足りない、何かが足りない」

[ 2021年4月17日 18:12 ]

明治安田生命J1リーグ第10節   大分0―1柏 ( 2021年4月17日    昭和電工ドーム )

<大分・柏>PKを止められ悔しがる伊佐(右)
Photo By スポニチ

 大分がJ1では2013年以来となる6連敗を喫した。4試合連続無得点。片野坂監督は「0―1ということは自分を含めて力が足りない、何かが足りないと思っています」と厳しい表情を浮かべた。

 1点を追う終了間際にPKを獲得。途中出場のFW伊佐のシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。伊佐は「僕の責任で負けました」とうなだれた。21日にはルヴァン杯のFC東京戦がホームである。伊佐は「切り替えてやるしかない。結果で返せるようにしたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月17日のニュース