神戸・古橋は不発…連続試合ゴールは「4」で止まる 新外国人マシカが途中出場でJデビュー

[ 2021年4月17日 17:05 ]

明治安田生命J1リーグ第10節   神戸0ー0湘南 ( 2021年4月17日    レモンガスS )

<湘・神>不発に終わった神戸FW古橋

 神戸は湘南とアウェーで対戦し、0―0で引き分け。2試合連続ドローとなった。ここまで4戦連発中だった日本代表FW古橋は不発に終わった。

 きっ抗した試合展開の中、後半21分には新加入のケニア代表FWマシカが初出場。隔離期間を経て14日に合流したばかりながら、同26分には右足でシュートを放ち、その1分後には右サイドからのクロスを古橋に通して好機を演出した。

 両チームともゴールに迫る場面はあったが、0―0のままタイムアップを迎えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月17日のニュース