【17日J1見どころ】鹿島、相馬新監督のもと再出発 横浜FC―仙台は「逆天王山」

[ 2021年4月17日 11:00 ]

指示を出す鹿島・相馬監督(左)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグはきょう17日、第10節第2日の5試合が各地で行われる。

 昨季に続くスロースタートとなった鹿島はザーゴ監督が14日に解任され、コーチから就任した相馬直樹新監督のもと再出発を図る。その鹿島をホームで迎え撃つ徳島は、ポヤトス監督が来日後の隔離期間を終えてようやく初采配。新指揮官同士の対戦で、初陣を白星で飾るのはどちらか。

 横浜FC―仙台は、今季未勝利と苦しむ下位同士の「逆天王山」。今季は4チームがJ2降格となるだけに、互いに今後の残留争いを見すえた大事な一戦となる。

 アウェーで湘南と戦う神戸は、日本代表FW古橋亨梧がチーム記録に並ぶ5試合連続得点を狙う。ただし湘南はU―24日本代表GK谷晃生を中心に2試合連続無失点中で、簡単にはゴールを割らせないだろう。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月17日のニュース