湘南 ベテランMF山田直輝の値千金の同点弾でドロー 「ミスを取り返せてホッとしている」

[ 2021年4月3日 17:23 ]

明治安田生命J1第7節第2日   横浜1ー1湘南 ( 2021年4月3日    日産ス )

<横浜・湘南>後半30分、ゴールを決めチームメイトと喜ぶ湘南・山田直(中央)=撮影・白鳥 佳樹=
Photo By スポニチ

 湘南がベテランMF山田直輝(30)の2試合ぶりのゴールで追いつき、強豪横浜と引き分けた。後半20分に先制されたが、30分に途中出場のMF古林将太(29)の右からのクロスに山田がゴール正面でヘディングシュート。貴重な一撃で追いついた。

 山田は「得点が取れたことは良かった。失点は(自分の)ミスからだったので、何とか取り返せてホッとしている。チームに迷惑をかけた」と振り返る。そして「相手が4バックなので、2トップが前にいればあそこが空く。古林がいいボールをあげてくれて、押し込むだけだった。体ごと枠に入れるだけだった」と、古林に感謝した。これでチームはルヴァン杯を挟んで3戦負けなし。浮島敏監督(53)も「予想どおりの展開だった。勝ちたかった。相手をほめるしかないシュートが決まっても、崩れることがなかった」と、手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月3日のニュース