名古屋 G大阪戦中止受け“サプライズ”公開練習、指揮官が発案

[ 2021年3月4日 05:30 ]

<名古屋・G大阪中止>集まった名古屋サポーターのために、急きょ公開練習が行う名古屋イレブン
Photo By スポニチ

 G大阪は3日、トップチーム4選手とスタッフ1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。同日午後7時開始で行われる予定だったリーグ第11節・名古屋戦(豊田ス)は感染拡大防止の観点から開始2時間前に急きょ中止を決定。新型コロナによる試合中止は今季Jリーグでは初めてのケースとなった。

 名古屋はG大阪戦の中止を受け、試合チケット保持者限定の公開練習を急きょ行った。フィッカデンティ監督の発案で、豊田スタジアムで午後6時から約1時間披露。クラブ広報によると前売りで約7000枚のチケットが売れていた中、約2200人のサポーターが見学し、練習の模様は公式LINEでも流した。見学者もチケット払い戻し対象となっており、ホーム開幕戦を楽しみにしていたサポーターへの“サプライズ”サービスとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年3月4日のニュース