27日札幌VS横浜FC戦に向け、俊輔&小野が大トリ会見 互いに「同じピッチに立てたら最高!」

[ 2021年2月24日 20:31 ]

中村俊輔(左)と小野伸二
Photo By スポニチ

 Jリーグが23、24日に開催した開幕カード別のオンライン会見で「大トリ」を飾ったのは、札幌―横浜FC戦(27日、札幌ド)で活躍が期待される両雄。札幌からは1年半ぶりに復帰のMF小野伸二(41)、横浜FCからはMF中村俊輔(42)という豪華な2選手が出席した。

 互いに日本代表で一時代を築き、その才能を認めあう天才プレーヤー同士。小野が「開幕カードということでお互い18人のメンバーに入ることを目標にやってると思うので、同じピッチに立てたら最高です」と言えば、中村も「伸二は自分の中で一番うまい選手だと思う。今年は足首の状態もよく、出場時間も長くしていけると思う。お互い、良いものが出せれば最高です」と話した。

 相手が持っていて自分に「欲しい能力」を問われると、中村は「両足で蹴れるところ。体のバランスも僕は片方に寄ってるんで、1回、伸二の体でやってみたい」。小野は「俊輔さんは右足のパスもシュートも技術が高い、ただ左足はキック含め、全てがレベルが高すぎるので僕も俊輔さんになりたいと思います」と笑った。

 いずれもJ1の舞台で得点すれば、ジーコのJ1最年長記録(41歳3カ月12日)を更新する。両雄の直接対決から目が離せない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月24日のニュース