ACL 21年も集中開催へ、1次Lは4月にカタールで

[ 2020年12月24日 05:30 ]

 来季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグが来年4月、カタールでの集中開催となることが23日、有力となった。複数の関係者が明かした。新型コロナ感染拡大は依然、各国で厳しい状況が続き、アジアサッカー連盟では3~4月の開催を目指し、大会方式や開催地の選定が続いていた。

 カタールでの集中開催は今季も万全なコロナ対策の上、開催された実績を持つ。3月から中断した1次リーグを11月に再開し、今月19日に決勝を終えた。日本では参加クラブが帰国後の待機期間中も活動が可能となる「東京オリパラ準備トラック」適用が認められるなど整備も進んだ。

 既に川崎F、G大阪、名古屋が来季の出場権を獲得。今季は神戸が4強に進出も最後は不可解なVAR判定に泣く令和版“ドーハの悲劇”で敗退し、雪辱の舞台となる。ACL1次リーグの日程はJ1の来季日程にも影響を及ぼす可能性が高く、ルヴァン杯1次リーグが集中開催となる可能性もありそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年12月24日のニュース