J2昇格決めた相模原 元日本代表・水野晃樹が契約満了「力不足ですみませんでした」

[ 2020年12月23日 14:31 ]

元日本代表MF水野
Photo By スポニチ

 J2昇格を決めた相模原は23日、元日本代表MF水野晃樹(35)と来季の契約を結ばないと発表した。

 千葉時代の07年に日本代表に選出された経験のある水野は、08年から2年半、スコットランド1部セルティックでプレー。10年に柏へ移籍すると、甲府、仙台、鳥栖などを経て、19年に相模原に加入した。昨季は10試合に出場したが、今季は出場がなかった。

 水野はクラブを通じてコメントを発表。「今年は何一つ力になれず…力不足ですみませんでした」とお詫びしながらも、J2昇格を祝福し「自分はその場には入れませんがどこかで応援してます」と約束。「永遠のサッカー小僧はまだまだ続けて行きたいと思ってます!辞めたらそこで終わり、足を止めることはまだしません!」と現役続行を示唆した。

 水野のほか、梶山幹太(22)、FW立花歩夢(25)も契約満了が発表された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年12月23日のニュース