×

C大阪・清武“有終の美”誓う、指揮官ラスト戦「勝って送り出したい」

[ 2020年12月19日 05:30 ]

鹿島戦に向けて調整する清武(中央)(C)CEREZO OSAKA
Photo By 提供写真

 C大阪の元日本代表MF清武が“有終の美”を飾ることを誓った。19日に鹿島戦(カシマ)を控え、練習後にオンラインで取材対応。ロティーナ監督が今季限りで契約満了となることが決まっている中で「自分の良さを出してくれた監督。非常に感謝しているし、最終節に勝って(監督を)送り出したい」と言葉に力を込めた。

 17年のC大阪復帰後は相次ぐ故障に悩まされたが、今季は一度も離脱することなく、ここまで8得点8アシストを記録。「ゴールに近い位置でのプレーをイバン(・パランコヘッドコーチ)から言われていた。いろんなことがうまくいったシーズン」と振り返る。勝てばACL出場圏の3位に浮上できる可能性があるだけに、来季にもつながる白星をつかむ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2020年12月19日のニュース