仙台がGK補強、仙台大・井岡を獲得 大卒GKのJ1クラブ内定3人目

[ 2020年12月18日 05:30 ]

仙台が獲得することが分かった仙台大・井岡
Photo By スポニチ

 仙台が来季の新戦力として仙台大のGK井岡海都(4年)を獲得することが17日、分かった。複数の関係者によると近日中にも正式発表される見込み。

 井岡は市立船橋高時代の16年に鹿島のDF杉岡、鳥栖のDF原らとともに主力としてインターハイ優勝を経験。仙台大に進学後は精度の高いフィードや的確なセービングを武器に1年時から試合に出場してきた。今季、大卒GKでJ1クラブに内定するのは法大の中野、明大の早川に次いで3人目。また、仙台が同日にGK関の契約満了での退団を発表しており、井岡には即戦力としての期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2020年12月18日のニュース